インターンシップで夢実現のお手伝い!

杉山 晃浩

弊所では、今年も宮崎県外からのインターンシップ生の受け入れをしています。法律を学んでいて、将来はパラリーガルを目指しているとのことです。でも、杉山晃浩事務所に来てくれたおかげで、弁護士事務所以外の士業にも興味を持ってもらうことができました。

所長から書籍をプレゼント

所長から書籍をプレゼント

社労士をはじめとして、法律に関係する仕事を希望する大学生の数は意外に多いものです。でも、インターンシップ生の募集どころか新卒採用をしていない士業事務所が大半であり、東京や大阪などでも数えるほどです。宮崎県内の士業事務所においては、杉山晃浩事務所のみであるといっても過言ではないと考えています。

インターンシップ生を受け入れることで、私たちの仕事に興味を持ったもらうことができ、業界の発展に寄与しています。

事務所内では、若いスタッフが、インターンシップ生を教えることで、部下が入ってきたときのシミュレーションができます。人に教えることの難しさを知っていなければ、新人教育などはできませんからね。

ちなみに、私の長男は東京の某社労士事務所でインターンシップをさせていただきました。実家の仕事の一部を外から眺めることで、多くのことに気がついたことでしょう。派手な仕事ばかりではなく、地味な仕事こそ大事だということを身をもって理解したはずです。

杉山晃浩事務所では、10年以上前からインターンシップや実習生を積極的に受け入れています。

そして、大学生の長期インターンシップを受け入れ、在学中に社労士資格を取得してもらうサムライ女子プロジェクトに参加してくれる女子大生を探しています。

サムライ女子プロジェクトに興味がある女子大生の応募をお待ちしています。

求人への応募フォーム

Office SUGIYAMA グループの一員になりませんか。