スタッフとの関係は良好ですか?

杉山 晃浩

最近、『スタッフが自発的に行動してくれないんだよね。どうしたら良いのだろうか。』といった相談を受ける機会が増えました。 実際に、スタッフの方々とお話してみると、会社大好き、社長大好き、上司大好き、同僚大好き、部下大好きな方々ばかりです。 会社を良くするためのアイデアもあり、会社に提案しているのです。さらに、『社長が私たちのやりたいことにOKしてくれるので、働きやすいし、やりがいがあります。』と口々に言われます。 それでは、社長の感覚とスタッフの感覚の違いはどこにあるのでしょうか。 経営者としては、「スタッフの能力はある。もっとできるはず。」と大きな期待をしています。 スタッフは、「私の知っている能力は出し切っている。それを会社は、いつも支援してくれている。」と満足しています。 実は、スタッフ自身に、自分が知らない力があることを認知していないがために、能力を出し切っていないことに原因があるのです。 弊所で実施している研修では、スタッフ自身が気付いていない能力を顕在化させます。顕在化した能力は、社長や他のスタッフが認めてくれている能力なので、スタッフの考え方も行動選択の幅も大きく広がります。

持ち味カード

さらに、スタッフ自身は、自分に力があると感じているのに、周りがそれを知らなければ、力を発揮してもらうための舞台を準備することはできません。自社のスタッフ一人ひとりにこの舞台を準備してあげることで、他のスタッフにお願いできる仕事の幅が広がります。 人は、好きなこと、得意なことをするときには、嫌いなこと、不得手なことをするときの何倍もの成果を出します。 つまり、スタッフ本人のみならず、社内の全ての人がスタッフ一人ひとりの能力を知り、好きな業務、得意な業務に注力させることで、会社の生産性を大きく伸ばすことができるのです。 この研修が必要な方は、ぜひ弊所までお問合せください。

求人への応募フォーム

Office SUGIYAMA グループの一員になりませんか。