働き方改革にはお金がかかる?

杉山 晃浩

近ごろ働き方改革にはお金がかかるんだなぁと感じるようになってきました。

なぜなら、働き方改革を実現するうえで、勤怠管理システムの導入や情報共有化などのシステム投資が必要になっています。

でも、お金を使うばかりではいけませんよね。節約できるものはないかと考えたところ、取引先を変えても問題がないものとして、電気代や電話代などが上がってきました。

例えば新電力に変えた場合に、電気料金は下がりますが、電圧が不安定になるなどの悪影響は一切ありません
電話の料金体系を変えた場合に、電話料金は下がりますが、通話が不安定な状況に陥ることはありません。

すなわち、公共インフラを見直すことで、働き方改革を実行するための費用が捻出できます。さらに、これらの支払いを、クレジットカード払いにすることで、ポイントやマイルを貯めることができます。

貯まったポイントで、ルンバを手に入れて、業務終了後ボタン一つで掃除をすることができます。これは労働時間の短縮につながりますよね。

弊所は社労士事務所ですが、社労士事務所らしからぬ杉山晃浩事務所らしい提案ができることをスタッフたちは喜んでいます。

気軽にみなさまの困りごとを教えてくださいね。きっと、良い情報、良い提案を差し上げることができます。

最後に、良い情報は、宮崎HRテックに参加することで手に入れることができます。アンケートにお答えいただくことで、1社2名様まで無料ご招待しますので、どんどんお申込みください。

新電力勉強会

新電力勉強会

求人への応募フォーム

Office SUGIYAMA グループの一員になりませんか。