2月2日は人事(2-2)の日

杉山 晃浩

本日2月2日は人事の日ということです。 世の中には、仕事ができる人から仕事ができない人まで、さまざまな人がいます。 しかも、日本の労働力人口はどんどん減っていくことは明らかであり、海外の人材が日本でずーっと活躍することはありません。 つまり、良い人を採用し、定着させ、活躍できる環境を作ることのできる企業でなければ、これからの時代を生き残ることはできません。それだけ、企業にとって人事とは大切な仕事です。 一方で、営業ができない、管理ができない、仕事が覚えられないなど、生産性の低いローパフォーマーの行き先がないために、とりあえず人事担当に据えることがあります。 でもこれはとてもリスクがあることです。大切な人事をローパフォーマーに任せると、とんでもない事故が発生したり、行政から指導を受ける羽目になってしまうことも多いと肌で感じています。 今年の人事の日、この機会に自社の人事について考えてみませんか?

求人への応募フォーム

Office SUGIYAMA グループの一員になりませんか。