今年の決算対策は『未来人材投資』で決まりッ!

杉山 晃浩

コロナで業績の明暗が大きく分かれてきています。

採用市場においても同様です。

コロナの影響で、マネジメント層や大手企業経験者といったコア人材が転職市場に溢れています。退職のある企業は、コア人材の採用に積極的になっています。

でも、バンバン求人広告をうったり、人材紹介に紹介料を払っていては、利益が減るばかりです。これらの採用費を削減しながら、効果的な採用をするのが、『未来人材投資』です。

初年度75万円の費用が、全額損金処理可能です。

しかも、職種、求人数無制限で利用できます。

全国で成功事例がどんどん出てきています。

未来求人については、YouTubeで説明していますので、ぜひ動画を見てくださいね。

求人への応募フォーム

Office SUGIYAMA グループの一員になりませんか。